FUTURE PROSPECT

我が社は1961年、親会社である日本信号の工事部門を独立させた会社として誕生し、半世紀以上に渡って「安全施工」を実直に遂行して、信頼を積み重ねてきました。我が社の業務において、安全はすべてに優先します。その想いはいつの時代にも変わることはありませんが、安全施工の形は時代とともに進化しなければなりません。
近年、無線式の信号システムが導入されはじめ、今後は信号と通信分野の融合が進んでいくでしょう。そのような技術の進化にも素早く対応して、我々の「安全施工」も進化させる。また海外事業においても、現状の施工管理から現地での継続的な運用管理へとビジネス範囲を進化させていくことにも、チャンレジしていきたいと考えています。
安全施工を実直に遂行してきた会社から、安全施工を保障し“強み”にできる会社、更にはそれを異分野で利用・活用できる会社へ。我が社は広い視野を持って“安全の未来図”を創造し、実現していきます。

代表取締役社長 大賀 仁史