BCP(事業継続計画)対応訓練を実施しました

9月2日にBCP(事業継続計画)対応訓練を実施しました。
内容は以下の2本立てでした。

■2019年に発生した台風19号クラスの台風が上陸後の人員安否確認における訓練の実施
昨年の経験をふまえ、当時を振り返りながら安否確認ツールより
・本人の安否
・出社可否
・家族の安否
・家屋の状態
以上の問合せを役員・社員合計154名に送信し、それぞれが各端末から返信をしました。
今回はZoomも併用しながら「緊急対策本部」と「現地対策本部」の他に各工事所と接続し、各拠点におけるライフラインの状態や重傷者、軽症者の症状等を確認しながら安否状況を集計。
今回は1時間2分で訓練が終了しました。

■新型コロナウイルス感染症罹患者発生時対応訓練
当社独自のBCPフローチャート、BCPマトリックスに基づき罹患者発生時の対応訓練を実施しました。
関係各所への通達順序や役割分担の確認を行い、誰が何をどうするかといった具体的な基本動作を訓練の中で体感。
訓練終了後、体感して得られた新たな気づきがあり、課題を抽出することができました。

年々脅威が高まる自然災害や疫病に対し、困難を克服できるよう日常レベルの危機管理における意識の醸成に努め、「安全は全てに優先する」という当社理念を愚直に徹して参ります。

Zoomを使用した安否確認
Zoomを使用した安否確認
安否確認ツールによる集計
安否確認ツールによる集計
終了ミーティング
終了ミーティング