入社式を執り行いました

4月1日に平成最後となる入社式を執り行いました。
新入社員の皆様に対して大賀社長を始め各取締役、総務部長より祝辞を述べ、辞令が交付されました。

大賀社長からは主に以下2点の言葉が贈られました。
1.失敗しても「他責」ではなく「自責化」すること
2.社会人になってからもチャレンジし続けること
新入社員は傾聴してこの言葉を真摯に受け止めておりました。

また同日新元号「令和」が発表となりました。
元号に込められた言葉を当社用にアレンジしますと「春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように次代を担う新入社員の一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの能力、才能の花を大きく開花させる」そんな新時代への一歩がこの入社式で力強く踏み出せました。

大賀社長祝辞
大賀社長祝辞
入社式会場にて記念集合撮影
入社式会場にて記念集合撮影